■眺望


 飛のくずれに来るとだいたいは海の真正面のポジションは取らちゃってるので、土手のすぐ横が僕の定位置みたいになってます。ここだとすぐ土手に上って海を眺めたり、水場に行ったりしやすいので便利でもあるんですね。

■風洞


 天気予報を見ると風速5mほど。ここは特に海からの風がずっと吹き付けていたので、風が通り抜けるようにしておきました。

 その後中を見たら枯れ葉だらけでしたが(^^;

■配置




 そんなに荷物は多くないので、中のレイアウトはざっくりとこんな感じ。雨は降らない予報なので基本は外で過ごし、中で過ごすのは夕食後くらいでしょうか。

 THORのコンテナはテーブルとしても優秀なので、夕食準備の時は外に出して使う予定。

■寝室


 ヒルバーグナロ3GTのインナー内は、ソロ利用なら当たり前だけど十分すぎる広さ。真冬に雪が積もりまくっても、雨が降っていても、強風が吹いていても、薄布に囲まれているだけとは思えない安心感があります。これで上から2番目のレッドレーベルなんだから、ブラックレーベルってどんな感じなんだろうと興味が沸いてしまいます。

 端的に言うとスタイカが欲しいです。

■夕日


 さっき昼食食べたばかりだと思ったら、撮った写真を見ていると急に夕方になってました。

 昼食後にテント内整えたり、その後は本を読んだりして過ごしていたので、その間写真的には時間が飛んでます。

■カモメ


 グラデーションの空にカモメが舞う。

■日没


 飛のくずれは夕日を見に来るところ。そういう認識です。

 で、実はPENTAX K-1改に70-200F2.8を付けて持ってきたんですが、なんと!電池が切れてました。充電済み電池もあったんですが、持ってくるのを忘れていて、完全にただの重りです。諦めてGRで夕日を撮ることにしました。持ってきた三脚、マンフロットBeFreeはGRでも使えるので、これで星空撮りを楽しもうと思います。