HappyMaterial

多趣味で移り気がちな管理人anomalocarisの備忘録的ブログです。 写真と一緒にキャンプ、ディスニー、その他日常のアレコレを宣ってます。

キャンプ、ディズニーなど移り気な管理人の備忘録です
コロナ禍によりディズニーネタはおやすみ中

タグ:マクロ

■コーヒータイム


 なべっこの後は、秋の午後の日差しに温まりながらのコーヒータイムです。こういう時はのんびり豆から挽いてドリップというのがいいね。

 この時庄内から来たというおじさんから声を掛けられ、使ってる道具について色々話をしました。

 これから色々買ってキャンプしたいそうなんですが、タープ5ULにコットで直寝とか、ノルディスクテレマークとかマニアックすぎて普通の人にはお勧めできない装備ですw

 ネットで色々見ていて、こういうマニアックな装備も面白そうに見ていて話も弾みました。

■カメムシ


 ちなみにこの時、法体では今年最高レベルと言ってもいいくらいカメムシが発生していて、空をブンブン飛んでるし、ハンモックにもどんどんとまっていく。
 あまりの酷さに奥方はモスキートネットハンモックにしばらく籠もりっぱなしになりました。

■謎の実


 地面には謎の赤い実。植物に詳しくなりたいと思う瞬間です。

■紅葉






 辺りを見るとちょっとだけ紅葉が始まっていました。紅葉のピークの時に法体に来たことがないのですが、今年も丁度その頃は土日も無いくらいの状況なはず。残念。



 コットに転がっていたら、直ぐ横にカエルを発見しました。

■蛙










 カエルってカワイイですよね〜。見れば見る程カワイイので、どアップで撮影しまくりました。

 そして最終的には川に返してあげました。

■川


 もう秋となると川の水はめちゃくちゃ冷たいのですが、それでも川遊びしている子供も結構おりました。強いなぁ。

■タープ




 色々撤収して、最後はタープとコットだけ。こういうシンプルな姿でキャンプするのもいいね。

■きのこ


 帰宅前、ここの一番大きい木を見ると、枝にキノコがなっていました。

 この木は一部朽ちていて、時折太めの枝が落ちていることもあるので、キャンプするときは下に設営しないようにしましょう。

 秋晴れの法体はカメムシさえいなければ最高ですね。

■朝食準備


 のんびりしているとあっという間に昼になってしまうので、とりあえず朝食準備。久しぶりに朝食に白石温麺を持ってきました。
 火器はトランギアのアルコールバーナー。5月のコンパクトソロキャンプの時から積極的に使っていますが、慣れてくると使い勝手が悪いとも思わなくなります。

■チキンタイカレー


 いなばのチキンタイカレー(グリーンカレー)の缶詰を一緒に温めつつ、お湯を沸かす。

■温麺


 温麺は2分ほどで茹で上がるので忙しい朝にぴったり。茹で上がる前に生卵を投入しておく。

■タイカレー


 茹で上がった温麺に、いなばのチキンタイカレーを投入。

■完成


 タイカレー温麺の完成です。

 想像できる味だけど想像通り美味い。作るのが楽なのでキャンプの都度保険としてタイカレー缶詰と温麺を忍ばせておこうと思います。

■みそ汁


 カレー温麺を平らげたら、メスティンを洗う手間を軽減する意味も兼ねてお湯を沸かす。インスタントみそ汁(しじみ)で、前日の酒で弱った肝臓を多少なりとも労る姿勢を見せる。

■ゆで卵


 アルコールバーナーに残ったアルコールを使い切りたくて、余ったタマゴでゆで卵をつくりました。

 かなり満足の朝食でした。

■コーヒー


 食後のコーヒーはブレンディスティックで楽をします。

■扇風機


 気温が上がってくるとまた虫が飛び交いはじめたので扇風機で虫除け。夏キャンプは扇風機必須アイテムですね。買って良かったキャンプギア上位です。


 のんびりコーヒーを飲んでいると、すぐ近くの地面で蟻が沢山行き交うのを発見。

■蟻の観察








 ちょうどその場所が情報の伝達場所になっているようで、そこに来た蟻はみんな触覚を合わせてやりとりしていました。見ていて飽きないので、GRIIIのマクロモードで写真を撮ったりしつつしばらく観察していると、時間はあっという間に過ぎていくのでした。

■魚眼風景
■PENTAX K-1 Mark II / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]











 キャンプ場の朝の風景を、余所様のサイトがあまり写らない範疇でいろいろ撮ってみた。

■寝床
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 レンズをマクロプラナーに交換して、日が当たる寝床をパチリ。

■影絵
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ヘキサライト内の草がシルエットになっていました。

■名も知らぬキノコ
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




■タマゴタケ?
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




■ホウキタケ?
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK






■開いたタマゴタケ?
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




■法体の滝
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR




 法体の滝の近くで見つけたキノコたち。

 一見毒茸に見えるのだが、調べてみるとタマゴタケ、ホウキタケそれぞれ食用のようだ。


 しかしそれを自信を持って食べられるかと言われるとやはり遠慮しておきたい感じではある。


 自然のモノを見極めるのは難しい。キノコは売ってるので十分。

■水滴
■RICOH GR




 7月から片道4kmの徒歩通勤を始めてから4ヶ月が経過。朝の気温は一桁になる日々なので、歩きじゃなければもうダウンウェアを着込んでしまうところです。しかし歩きとなると最初は寒くても後半は汗もかいてくるので、それに適した上着って持ってない・・・。

 モンベルのソフトシェル一枚では寒いし、EXライトダウンを着ると暑い。なによりやや早足で45分程歩くと、背中の汗は結構な量。ダウンを汗で湿らせたくないじゃないですか。


 ということで寒い時期に外を歩く為の服を検討。


 ファッションには疎いけど機能的なアウトドアウェアは好きなので、その辺から選ぼうと思っていましたが、今まで知らなかったメーカーを選ぶことになるとは。

 ちょっとしたきっかけで知ったのですが、フーディニというスウェーデンのアウトドアブランドのパワーフーディってのを買ったんですが、これいいですね。フリースなんですが表面はすべすべで毛玉が出来にくく、伸縮性がある機能素材で、着心地もスバラシイ。

 ただしちょっと腹回りが細身なので、これ以上太られないし、むしろこの服に合わせてやせないといけないくらいです。がんばらないと。

 寒い時期の通勤がちょっと楽しくなりそうです。

■鳥海山
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 本荘公園の一番上の端にくると、向こうに鳥海山。霞んでいましたがそれでも桜と一緒に撮りたい。

 ということでF16まで絞って撮影し、Lightroomでかすみ除去してこんな感じです。ちなみにセンサーに汚れが付きまくっていて、スポッティングもしています。

■尾崎小学校とカダーレ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 見下ろすとすぐ隣に尾崎小学校、奥に由利本荘市文化交流館カダーレが見えます。

■落椿
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 上の桜も綺麗ですが、下の椿も綺麗でしたよ。

■桜のトンネル
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ふたたび人でごったがえすエリアに戻ってきました。人は多いけどソメイヨシノに囲まれ感があるのはこっちですね。

■上から見下ろす
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 下の道路沿いも見事に満開のソメイヨシノ。

■もっかい魚眼
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 ワンパターンですが魚眼で寄るのはやっぱり楽しい。

■グリーン寄り
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 WBやカスタムイメージを弄って色々撮ってみました。

■ふんわり
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 青空と桜のピンクを強調したこの色合いがやっぱり好きですね。

■濃いめに
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 枝垂れもありました。

■松林と
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 駐車場に戻る途中の一枚。

■正門
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 おもいっきり旬を逃してしまいましたが、2018年の本荘公園さくらまつりの様子でした。

 毎年同じような写真しか撮っていませんが、それでも飽きずに楽しめる桜って不思議です。

 本荘公園さくらまつりの続きです。

 出店があって人混みが凄まじいエリアを後にして、もっと上に登ってきました。敷物を敷いてお花見をするグループがちらほらいるくらいで、人は疎らです。

■ハイコントラスト魚眼
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 魚眼は使い処が難しいけど、ハマルと楽しいですね。

■なぜかインコ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 高さ、直径それぞれ3mくらいありそうな鳥小屋があって、中にはインコがたくさん。こんなのがあったとは知りませんでした。

■花の影
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 とにかく天気がいいので、鳥居に写る花の影も綺麗です。

■鳥居
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 WB太陽光では白すぎて、曇天や日陰だと赤っぽくなるので、色温度5800kをベースに調整したWBを使用しています。この色合いが好き。

■マクロ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノ以外の桜もありました。小さい木でしたが咲き具合は見事です。

 低い木なので今度はマクロにチェンジ。

 風に揺れる花の蘂に、MFで合わせるのはかなり苦労しました。



■低彩度で
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノは逆光で飛ばし気味に。

■鮮やかに
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 青空の水色に濃いピンクの対比が綺麗でした。

■蘂を狙う
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 蘂にMFで合わせるにはOVFではほぼムリですね。LVで拡大表示してやっとぴたりと合わせられました。


 つづきます。


RICOH GR + GM-1

 いよいよお盆休みに入りました。15日までの5連休ですが、こんなに長い連休を取れるのは久しぶりです。

 毎年、お盆は基本的にのんびりして過ごしています。出かけると行っても墓参りくらい。本荘からだと両方の実家に墓参りに行くのも近くて楽です。

 それでは皆さん良いお休みを。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 マンションの階段の隅にゴミみたいなのがくっついてるなと思って見ると、なんとゾウムシでした。

 体長3cmくらいでゾウムシのなかでは大きいほうな気がします。ずっと動かなかったんですが、触覚がゆっくり動いていてちゃんと生きていました。

 しかしあんなところで何を食べて生きているのやら。

 いずれにせよゾウムシをこんなにちゃんと観察したのは初めてかも知れません。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 今年の紅葉はどうもパッとしない気がします。

 紅葉の華やかさはどうも狙いづらかったので、はかなさに注目して撮ってみました。

 スタッドレスも注文してきたし、翌朝の最低気温はついにマイナスの予報。11月って晩秋ですもんね。いよいよ冬までカウントダウンといったところか。

↑このページのトップヘ