HappyMaterial

多趣味で移り気がちな管理人anomalocarisの備忘録的ブログです。 写真と一緒にキャンプ、ディスニー、その他日常のアレコレを宣ってます。

キャンプ、ディズニーなど移り気な管理人の備忘録です
コロナ禍によりディズニーネタはおやすみ中

タグ:ラーメン

■大喜






 3年越しの富山旅ネタですが、写真が今まで行方不明だったのでしかたありませんね。

 ということで二日目は富山駅地下にある大喜で富山ブラックを食します。

■メニュー


 小の次が大と特大ってなかなか飛躍しますね。価格も飛躍してます。そしてライス類が充実。このワケは食べたらわかるというやつでした。

■歴史




 大喜の歴史が壁面で語られておりました。

■富山ブラック






 そして目の前にやってきた本場の本当の富山ブラック。

 めちゃくちゃ真っ黒!そして黒コショウがいい香りです。生卵を入れておいてよかったと後で実感することになります。

■箸上げ


 ではいただきます!

 って、めちゃしょっぱい!ちゃんと出汁の味がしておいしいんだけど、アタる(脳卒中)んじゃないかと不安を感じるしょっぱさです。これってつまりはご飯のおかずなんですよね。生卵もこのしょっぱさをまろやかにする役目もあって、ご飯に乗せるとTKGっぽくもなり。

 つまり普通のラーメンと同じような味わい方とは違うものということですね。普段薄口な僕はともかく、秋田県民はしょっぱ口が多いので案外大丈夫なんじゃないかとも思います。

 結論としては「おいしかったw」

■退店


 本場富山ブラックは何度も食べていればハマるかも。今でも時々あの味を食べたいなと思ったりするポテンシャルの持ち主です。


 この後は富山駅地下のお土産売り場をめぐります。

■ます


 富山と言えばますのすしですが、そのおにぎりバージョンです。ラーメン食べたばかりだけど、これは美味しそう。

■イカ


 イカ黒造りってことはイカ墨と和えてるのかな。さすがは富山湾です。

■昆布締め


 スーパーの刺身コーナーはほぼ全部が昆布に覆われていて、何の魚か分かりません。この昆布の旨味が乗った刺身は癖になるよね。ということで冷凍のを何種類か買っていきました。

■ホーム





 終点の駅ってなんだか魅力的です。

■ターミナル


 円形が魅力的で何度も撮っちゃうバスターミナルです。

■地鉄ホテル


 お世話になった富山地鉄ホテル。駅隣接なのに結構キレイで設備充実していて、そしてリーズナブルでいいホテルでした。

 薪ストーブってなかなか難しいですよね。最初にしっかり庫内温度を上げておかないと、煙突に向かっていく空気の流れがおきません。なので半端な状態で扉を閉めちゃうとすぐ酸欠で火が消えてしまいます。

■ストーブファン


 なので最初は針葉樹の小割の薪などで勢いよく燃やしておく必要があるんですが、あいにく燃えにくい広葉樹の薪ばかり。焚き付け用に確保している松ぼっくりを大量消費して、なんとか安定して燃焼してくれるようになりました。
 ストーブファンも勢いよく回りだし、ほんのり暖かい風を送ってきます。

 ちなみにストーブ本体が熱くなる前から、上にヤカンやファンなどを乗せてしまうと、温度が上がりづらくなるのでNGです。最近までそんなことを気にせず使っていたので、なかなか火が安定せずに困っていました。ちゃんと調べてから使えばいいんですけど、説明書読まない性格なもので(^^;

■湯沸かし


 設営に時間をかけてしまった上に、薪ストーブにも時間を使ってしまったので、気が付けばもう3時近く。これじゃ昼食というより3時のおやつになってしまうけど、空腹のまま夜まではもちません。

■宮崎辛麺


 昼食は手軽にラーメンです。手軽というなら正直カップラーメンなら設営の合間にでも食べたんですが、そういうイレギュラーも楽しむのがソロキャンプというものです。

■完成




 夕食用に事前に切ってきていた野菜の一部を一緒に煮て完成。料理したうちに入らないくらい手軽です。



 風は前のタープと後ろのテントが防いでくれますが、時折結構な量の雪が降ったり止んだりしていました。気温は2℃くらいでまぁまぁ寒い。そんななかで辛いラーメンをすすり込むのがたまりません。

 ところで左手で持ってるこのクッカーハンドルですが、挟む部分が結構エッジが効いてるんです。これだと明らかにクッカー側が傷だらけになるんですが、皆さんどうしてるんでしょうかね。せっかくアルマイト加工されてるのに傷だらけはイヤなので、とりあえずエッジをヤスリで磨いておこうかと思ってます。

■YETI


 YETIのクーラーはタンドラ35も持っていますが、ファミリーキャンプをしないのでほとんど出番なし。ムスメとのペアキャンプやソロではローディー20で十分ですね。
 中古で買ったのでこの色なんですが、本音はタンカラーが欲しいんです。いっそのことタンドラ35とローディ20両方売って、新しいローディ24でも買おうかななんて考えたりしています。
 容量的には問題ないんだけどね。

■ビールの様子


 3時にラーメンを食べたので、たぶんすぐ薄暗くなってきて夕食の準備みたいな流れになりそうです。ちょっとビール飲もうかな、、、なんてちらりとビール冷却会場に目をやる。

 ふと、トイレ行ってる間に盗まれたり気まぐれな動物が持って行ったりしたらどうしよう…なんて思ったり。しかし盗むならもっといいもの盗むだろうし、猫もカラスもビールの缶なんて持って行かないよな、と勝手に想像して勝手に安心したりしていました。

 人気のある利用客の多いキャンプ場なら盗難の心配もありますが、ここだと2組しか居ないし、雪で足跡残るので盗むバカはいないだろうと思ってます。キャンプなんて防犯対策にも限界があるので、相互信頼の中でうまくやっていくしかないのでしょう。

 ではそろそろ一本飲んどきますか。

 10月末にムスメとふたりキャンプに行ってきました。11月は上旬に筆記試験と、中旬に大事な面接を控えていましたが、根詰めてても集中できないたちなのでいったんリフレッシュというワケです。
 ムスメも習い事のダンスが毎週土曜日にあるんですが、5週ある月の月末だけ休みになるのでそれに合わせて計画していました。

■設営完了


 ということで昼には到着して設営完了です。

 今まで何度も利用してきた西浜キャンプ場。ここならトイレも近いし、いざという時には近くに高層のホテルもあるので安心です。
 ヘキサライトに薪ストーブで籠るスタイルも、ここで何度もやってきたので最も慣れたスタイルです。

■カンガルー


 ヘキサライトの中はムスメ用にダガーストームのインナーテントをカンガルースタイルで。僕は反対側のコットで寝ます。
 ヘキサライトは裾が地面と隙間が空くので、低いところに溜まる一酸化炭素の心配はほぼありません。熱に弱い素材ですが、煙突ガードなどちゃんと対策すれば特に問題なし。

■ラーメン


 さて、お昼は定番のラーメンです。今回はちょっとおいしそうな袋麺を買ってきました。

■絶対うまい


 ムスメはゆるキャン△コラボの書籍付録ナベを使いたがっていたので、今回のラーメンでデビューです。

■ビール


 ラーメンの準備をしながらも、とりあえず昼からビールいただきます。

■ゆで卵


 苦めのIPAをチビチビやりながら、まずはゆで卵を作ります。浅めの鍋なので、卵をしっかり転がしながら10分ほど茹でます。

■野菜


 ゆで卵は水を入れたシェラカップに取り出し、もう一度鍋で湯を沸かす。先に具の野菜を茹でます。

■煮込み


 そして麺を投入。四角い袋めんでも問題なく入るので、この鍋はなかなか使い勝手よさそうです。

■ツンドラ3ミニ


 一方僕はツンドラ3ミニでラーメンを茹でます。ムスメ同様、最近手に入れたギアなので使いたくてしょうがないんですよね。精神年齢そろって子供みたいな感じです。

■煮込み中








 ラーメン茹でながらいろいろと写真を撮る。ツンドラ3ミニの鍋は1L入るので余裕があってよろしい。

■はまぐりだし


 ラーメンと一緒に買ってきた鶏チャーシューを乗せて、そのあとゆで卵を乗せたら完成。

■名古屋コーチンだし

 

 総調理時間15分くらいかけて作ったラーメンは、美味しくてあっという間に平らげてしまいました。今度は昼前に着くようにして、もうちょっと凝ったものを作ってみたい気もしますね。

雨の中で設営を終えて、ホッと一杯・・・の冷たいビール。そのあとようやく昼食準備に取り掛かることに。この日はちょっと早く到着していたので、昼食までも時間の余裕があったんです。昼前に到着するのなかなか良いね。

■昼食準備


 ということでこの日の昼はラーメンです。右は具材を事前に冷凍しておいたもの。保冷剤替わりにもなるので、前日に食材準備して冷凍しておくのはおすすめです。

■先茹で


 冷凍しているので具材を先に茹でます。エノキと鶏肉、そしてホタテの稚貝です。ホタテ出汁ラーメンに追いホタテ出汁です。

■ラーメン


 麵は細麺。袋から出すときに麺がけっこうボロボロ折れました。テクニックが必要です。

■ラージメスティン


 インスタントラーメン茹でるなら、ラージメスティンが一番楽ですね。でもバーナーの五徳が小さいとかなり不安定になるのが弱点か。

■完成


 追いホタテ出汁ラーメンの完成です。ホタテのいい香りがして、かなり期待できますね。

■胡椒


 胡椒を振ってズルズルといただく。通常の状態が分からないのですが、少なくとも追いホタテ、エノキ、鶏肉は大正解。すべて良い出汁を提供してくれた感じです。

 あっという間に完食してしまいました。美味しかった!ごちそうさま。

■外の様子




 昼食中に頭上が静かになったので、食後に外に出てみたら、しっかり晴れてる!

 もともとウェザーニューズのアプリで見る限り、14時頃に一度晴れるようなことが書いてありました。しかし天気なんてそうそう当たるもんじゃないと思っていたので。

■晴れ間


 上を見るとちょっと青空も顔を出していました。

 予報では14時〜16時に雨という予報。では雨が降る前に滝でも見に行こうと行動開始。

■滝へ


 束の間の晴れ間。川は増水している様子はないが、滝の方はどうだろう。

■かけつけ1杯


 設営を済ませ、昼食の準備。

 なんですが、まずはビールで喉を潤すことに。外で昼から飲むビールの美味さときたら、言葉になりませんね。





■葱と豚


 ビールを飲みながら昼食準備。シアワセのキッチンドランカーです。

■森林香


 草ボーボーなので虫も当然多くなっているはず。そう思って今回はパワー森林香を持ってきました。

 ワンプッシュで虫がいなくなるスプレーを設営直後にヘキサライト内に散布していたおかげか、虫の姿はほとんど見られなかったものの、念には念を押すのです。

■水


 水は2Lと500mlのプラティパス。これで十分足りるでしょう。

■爆裂辛麺


 買い出しの時に発見して即購入してしまった激辛ラーメン。これが今回の昼食です。激辛好きとしては無視できませんでした。

■完成


 具は炒めた葱と豚肉。生卵を落として完成です。

 極太の麺はインスタントラーメンらしからぬコシがあり、勢いまかせに啜ったら辺り一面大変なことになるので、慎重に少しずつ口に運ぶ。

 辛さは僕としては丁度いいくらい。ちゃんと味わって食べられるレベルなので、最後までちゃんと美味しくいただけました。生卵を絡めて食べるとまろやかになるのでオススメですね。

■スマホ


 リッジラインに吊すスマホホルダーもちゃんと持ってきています。取りあえずはPrime Musicで音楽を流しておく。

 お隣さんとは距離が離れているし、川の音もあるし、どのみち炊事棟占拠組は大声でうるさいので、結構音量大きめにしても問題無しですね。
 ちゃんと自分で外に出て音楽が聞こえる範囲を確認して音量を決めています。。

■ネット


 モスキートネットハンモックはネットの開閉部が片側なので、向きが決まってしまいますが、特に不便は感じません。

■アンダーキルト


 5月下旬で草もボーボーではありますが、法体園地の標高で小雨模様となれば、時折通り抜ける風が寒いと感じることもしばしば。夜はとうぜんもっと冷えるだろうから、ちゃんとアンダーキルトは持ってきています。

 昼食の後、アンダーキルト無しの状態で寝転んでいたら、背中を風が通り抜けると結構寒いんですよね。真夏以外はアンダーキルト必須かもしれません。

■香港ハウス
■RICOH GR III


 
 久しぶりに写真整理して出てきた写真でのpostです。結構過去のネタですが、由利本荘市内の中華料理店「香港ハウス」の紹介。

 住宅街の狭い通りにこの佇まいなので、初めて行くと見落としてしまいそうです。店の正面の砂利駐車スペースは3台は駐められますね。

■店内
■RICOH GR III



 店内も落ち着いた感じの古き良き中華料理店です。

■窓辺
■RICOH GR III



 開店直後だったので、ウチが客1号。窓際の席に案内されました。

■醤油
■RICOH GR III



 醤油と酢とラー油がカラフルです。

■麻婆豆腐
■RICOH GR III



 特にどの地方の中華料理というワケではなく、何でも中華料理店みたいですが、まずは定番の麻婆豆腐。子供でも食べられるまろやかな辛さと甘さが共存していて、激辛麻婆とは違ったおいしさ。

■焼売
■RICOH GR III



 焼売が名物なようでしたので注文。特大の焼売が3つ、蒸籠にひしめき合っていました。カラシたっぷりでいただく。溢れる肉汁がたまらない。

■八宝菜
■RICOH GR III



 八宝菜も甘めの味付け。甘いといってもイヤな甘さではなく、甘みが特徴のバランスのいい味付けです。

■麺
■RICOH GR III





 豚肉と筍細切りあんかけ麺(メニューでの名前は失念)と、牛肉とチンゲン菜と細切りネギの麺。どちらもベースのスープは同じあっさり系。
 ラーメン屋のラーメンではなく、中華料理屋のラーメンです。もちろん美味しい。

■梅
■RICOH GR III



 梅が咲く時期でした。

■猫
■RICOH GR III



 日向は暖かくて、猫が昼寝中。起こしてしまいました。スミマセン。

■撤収前
■RICOH GR III



 あっという間にチェックアウト時間まで1時間を切るところ。最後にテントの撤収です。

 ダガーストームは設営も撤収もとても楽なテントなんですが、地面の土汚れを付けないようにしたいのと、水分を拭き取りながら撤収しなきゃならないので、意外と時間がかかりそうです。

■フライシート撤収
■RICOH GR III



 まずはずぶ濡れのフライシートを全面拭き取りながら、汚さないように巻き上げていき、大きめのビニール袋に詰め込みます。

■水滴
■RICOH GR III



 フライの撤収中にインナーも濡れてしまったのですが、インナーもちゃんと水を弾いてくれます。なかなか頼もしいですね。

 インナーは汚れていない雪の上で畳み、ビニール袋に詰め込む。フットプリントも同様。

 結構時間が押していたのでこの辺りの写真はなし。とにかくテキパキと片付けていきました。

■名残
■RICOH GR III



 車に全て積み込み、やっとチェックアウトできます。

 先に撤収していったサーカスTCの方の名残。雪だるまと、雪のテーブルが残っていました。

■曇り
■RICOH GR III



 雪が解けて地面が見えているところもあります。秋田県内陸南部は豪雪地帯なんですが、こんなに雪が少ない冬は異常です。

■カングー
■RICOH GR III



 さて帰りましょう。

■カウンター
■RICOH GR III



 昼のチェックアウトなので、この後どこかでお昼食べてから帰ろうと思っていました。しかしさらにその前に、ちょっとだけ小安峡観光。

 有名な大噴湯を橋の上から眺めることに。見に来た人数を数えるためのカウンタが設置されていました。

■大噴湯
■RICOH GR III



 川沿いの岩壁からもうもうと湯気が立ち上る。大昔、下の遊歩道を歩いたことがあったけど、下まで降りる気力も体力も心許ないので橋の上からだけにします。

■皆瀬川
■RICOH GR III



 雪で真っ白ならもっと画になったと思いますが、それでも青い水面が綺麗でしたよ。


 GRIIIとK-1IIでいろいろと写真を撮り、あまり遅くならないように街へと向かいます。

■マルタマ
■RICOH GR III



 お昼は旧:十文字町(横手市)で十文字中華です。久しぶりにマルタマにやってきました。

■カウンター席
■RICOH GR III



 久しぶりなのでシンプルな十文字中華にするつもりでしたが、カウンターに座って目の前のメニューを見ると、他のメニューにも心を揺さぶられます。辛いもの好きなので中国ラーメンは次来たら食べてみたいですね。

■チャーシュー麺大盛り
■RICOH GR III



 この日はチャーシュー麺。極めてシンプルな中華そばですが、実は独特のスープと麺。秋田らしくちょっとしょっぱめ。しかし美味い。

 じっくり十文字中華を堪能したら、後は由利本荘の自宅へ一目散に帰ります。所要時間1時間半もかからなかったので、とことん山キャンプ場は今後レギュラー化しそうな予感です。

 もう一度くらい冬キャンプに来たいですね。今度はアスガルドとストーブでのんびりとお籠もりキャンプとかいいかも。

■二次会終了


 博多の夜。二次会終了し、翌日はレンタカーで佐賀、長崎の予定。普通の思考回路ならここでホテルへ戻って寝るという選択肢以外無いはずなのですが・・・

■また博多駅を抜けて


 博多駅を抜けて向かうのはホテルではなく、

■駅前


 タクシー乗り場。やっぱり福岡に来たからには行かなければならない場所があるのです。

■中州


 やって来たのは中州です。当然屋台のラーメンで〆を目指す。

■にぎわい


 流石金曜の夜だけあってかなりのにぎわいです。

■屋台街


 屋台の案内看板があるのを今回初めて知りました。

■金曜の中州


 とにかくラーメン食べたい4人。散々食べてきたのに前頭葉はアルコールで麻痺しております。

■屋台(1)


 一旦端まで歩いて入る店を吟味することにしました。

■屋台(2)



■屋台(3)



■屋台(4)



■ラーメン


 ということで入った屋台はなんだったか忘れました(^^;

 ただラーメンは流石に美味い!

 隣のお客さんとかお店の人と秋田から来たとかそういう話題でトークして、うまいラーメンを味わって、翌日のことなど頭の片隅から消え去っていたことは間違いありません。とにかく楽しい夜でした。

■帰路


 日付が変わった頃、ようやくワレワレはホテルへ向かいます。

■日航ホテル福岡


 この日の宿は日航ホテル福岡。めちゃくちゃ豪華で酔っぱらった頭でも怯んでしまうほどです。

■部屋


 こんなスバラシイ部屋で酔ってすぐ寝るのはもったい無い!ということでどういうワケかベッドでテレビを見ていたら2時を過ぎてしまいました。

 豪華な部屋でマッタリしながらも、翌日はレンタカーでの旅があるので、名残惜しくも寝ることにしました。

 休日のお昼に困った時の備忘録。

 いざ何食べに行くかとなると思い出せなかったりするんだよね。しかしウチはあまり冒険しないので、だいたいワンパターンになってしまう傾向がありますが(^^;

■そば処けん太 なめこおろしそば
■RICOH GR






■焼きスパ専門店 ブッチャーノ
■RICOH GR









■麺屋鼓志
■RICOH GR





■ラーメン勝負 勝負ラーメン
■RICOH GR





■中華そば華月 華月ワンタン麺
■RICOH GR





■らーめん亭かぜ かぜ辛みそ
■RICOH GR




 平日は昼休みをとる余裕が無くて、車で移動しながらパン食べたり何も食べなかったりしているので、休日はゆっくり食べたいものを食べたいという思いが強いのかも。

 今週はぜんぜんBLOG更新していませんでした。というのも仕事で大きいミスをしてしまったことで、元々ひいていた風邪も治らないし、片方の耳の聞こえが悪くなるしで色々ボロボロだった一週間でした。

 教訓。人は正直で在るべし。

 ということで平和だった翌る日の写真を見て、なんとかストレスを和らげようとしています。

■じげん
■RICOH GR


 にかほ市のじげんに初入店。

■飛魚中華
■RICOH GR


 常連さんは煮干し中華を頼んでましたが、僕はアゴだし好きなので飛魚中華を注文。
 
 そう言えばなにかのテレビ収録でバナナマンの日村さんが来てたらしいです。

■仁賀保の海
■RICOH GR



 食後に海を見てリラックス。その後は勿論しっかり仕事しましたよ。


 普段から休憩も昼食もマトモに取らずに仕事に振り回されているので、ミスが多くなるというのはそういうところから来るのだなと今実感しています。

 僕は休みベタで、オンオフの切り替えがヘタです。スケジュールはギュウギュウに詰め込んじゃうし、それを完遂しないといけないと思い込みながら仕事する“悪い”完璧主義な性格なんです。

 38度の熱があって休憩無しで仕事し続けてのミスとなると、周りから見たらセルフコントロール出来ていないアホという見え方だろうなと。

 ということで、今回のミスは精神的にかなり痛いモノでしたが、その代わり自分の仕事の仕方とか考え方をちゃんと見直すことができたいい機会だったとも感じています。

 というか、ブログにこんな事を書いて、誰に意思表明しているんだ?と思いますが、自分で自分に意思表明しているのです。とにかく楽しく生きていきたいですね。

↑このページのトップヘ