HappyMaterial

多趣味で移り気がちな管理人anomalocarisの備忘録的ブログです。 写真と一緒にキャンプ、ディスニー、その他日常のアレコレを宣ってます。

キャンプ、ディズニーなど移り気な管理人の備忘録です
コロナ禍によりディズニーネタはおやすみ中

タグ:桜

■桜


 今年は桜が咲くのが早かったけど、まさか5月に入ってから花見ができるとは。うれしい誤算。

■緑と桜


 薄いピンクというのはいろんな色と相性が良い。

■空と桜


 青空と桜のコントラストも素敵です。

■撮影日和


 久しぶりに一眼レフでの撮影をたっぷり楽しめました。やっぱり写真は楽しい。写真を撮るという行為から撮った結果まで楽しめるスバラシイ趣味。

■またバッケ


 バッケ撮影が捗る。

■ヘキサライト 


 テントまで戻ってきました。ヘキサライトを背景に花を撮影。K-1のフレキシブルな背面液晶がこういう時便利です。

■水面


 また水面を撮影して、撮影に満足しておやどへ帰る。

 結構歩いたし、そろそろのんびりしようかと。

 管理棟でチェックアウトを済ませて、さて帰ろうとキャンプ場を後にすると、街路樹の桜が満開になっていることに気がつきました。

 例年に比べるともの凄く早い開花です。ちょっとテンションがあがっちゃって、帰る前に桜撮影していくことにしました。

■GR III






 まずは僕がGR IIIで撮ったモノ。


 そしてムスメが撮ったモノ。

■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH




 なかなか上手く、良い雰囲気で撮れていますね。次は12-100のズームを持たせてみたい。でかいけど。

■PENTAX K-1 Mark II / FA43mmF1.9 Limited




 最後にK-1IIでカングーも入れて、記念撮影して帰宅しました。

 ちょっと風が強い時間もあったけど、ここまで終始天気が良くて快適だったキャンプはそうそうありません。またこんないい環境でキャンプしたいねぇ。

■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


 天気の良かった先週の日曜日。運動不足解消の為にちょっと長めの散歩をして、近所の桜を撮り歩いてきました。もともとあまり人が歩いていないので三密とは無縁です。

 持っていったレンズは、150-450、70-200、Distagon25 の3本。望遠ばかり使っていましたが、この場所で25mmの出番がやってきました。

 今週はずっと雨だったので、もうほとんど散ってしまったようですが、なんとか綺麗な時に撮ることができてよかった。

 今年はコロナ禍で自由に出歩けない状況ですが、また来年も素晴らしい花を咲かせてくれることでしょう。

■桜と鳥海山
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW



 桜は毎年咲くけども、やっぱり2020年の桜は今だけ。全国に非常事態宣言が拡張されましたが、運動不足解消の為にカメラを持って散歩に出ました。

 明日から一週間以上雨が続く予報だったので、鳥海山と桜のコラボは今日だけのチャンスだったかもしれません。

 直前までの天気予報では5月1日が時々雨、2日以降が晴れという予報でした。

 しかし流石は変わりやすい春の天気だけあって、天気予報はアテになりません。高原=山の天気は変わりやすいってのもあるかもしれません。

 というのは早朝、アスガルドの幕体を打つ雨音で目が覚めたから。

■雨の朝


 小雨よりももうちょっと強めの雨。そして風が出てきていました。

 目が覚めてからしばらくしてシュラフから這い出し、外の様子を見たこの時点でまだ6時。ともあれタープのお陰で荷物が濡れずに済んでいました。ありがたい。

■朝の一服


 ポツポツと時折雨粒が落ちてくる音を聞きながら湯を沸かす。いつものブレンディスティックノンシュガーで朝のコーヒータイムです。
 OPTIMUS VEGAはやや風に弱いですね。弱火がニガテなので立ち消えないくらいの弱めの中火で湯を沸かしていたら、気がつくと消えていたりすることもありました。VEGAに付属の周囲をぐるりと囲む風防は、ぺらぺらで頼りないので置いてきたのですが、やっぱり必要な気がしました。
 OD缶を倒立させて液出しモードにすればもっと安定したかもしれないですね。

■撥水


 アスガルドの上に水滴が玉になって乗っていました。スゴイ撥水力です。

 スノーピークの良いテントだと耐水圧3000mmなんてスペックで、土砂降りでも耐えられるレベルなのですが、ポリコットンのアスガルドは350mm。あまり雨が降ると困るところですが、小雨で済んでくれて一安心です。

 コーヒー飲んだ後ですが、この後もう一度シュラフに潜り込み二度寝を嗜む。






 二度寝ってむしろ夜より寝られる気がします。おはようございます。

■朝日


 風はより強くなっていて、タープがバッサバサとあおられる音で起床。

 遅めだけど朝ご飯作ろうと準備している時のことでした。

■大破


 布を引き裂くピシャーーーーーーーッ!!!!!という音と共に、突然空が視界に入り、なんだか見晴らしが良くなったなと0.6秒くらい思ったところで気がつきました。

 そう、タープが裂けました。



 強めの風をはらんだ途端、タープの縫い目に沿って中央部分だけが裂けたようです。

 裂けた部分を丸めて抱えながら、タープを撤収するのがなかなか大変でしたが、なんとか一仕事終えて、破損状態の記念撮影。

■破損の全容


 見事に中央だけ無くなってしまいました。

 2007年夏に宮城県南部の丸森町にある不動尊公園キャンプ場でデビューしたペンタですが、かれこれ12年使って寿命となりました。もっとも大館の時に庭で真夏に張りっぱなしにしていたのが寿命を大幅に縮めた原因だと思いますが。長い間お疲れ様でした。




 さて、次のタープどうしようかな(ぉぃ





 風で飛ばないようにわざわざペグダウンしての状態撮影。



 もはや人力で引き裂けるほどに劣化は進んでいました。




■朝食


 タープが裂けた感傷に浸っていると昼になってしまうので、悲しみを振り払って朝食づくりを始めます。

 今済んでいる賃貸マンションはオール電化の為、ずっとしまい込んで使っていなかったスノーピークのホットサンドメーカー"トラメジーノ"が久しぶりの登場です。

 コーン缶も持ってきていたので、バターコーンもシェラカップで作ります。

■ホットサンド


 最近はCHUMSのブービーバードが焼き色に付くホットサンドメーカーが流行ってたりしますが、トラメジーノは2枚同時に焼けるのが便利です。
 ただし普通の食パンは耳を落とさないと入らないのがデメリット。正直耳を落とさずに2枚焼けるトラメジーノLサイズか、一枚だけ焼けるトラメジーノシングルなんてのがあってもいいかと思いますね。

■青空


 ウェザーニュースアプリで現在地の天気予報を見ると、終日10m超えの強風が吹く日となりそうでした。しかも風向きも毎回バラバラで、一瞬止んだと思わせての突風など、トリッキーな攻撃をしかけてきます。
 風が強いので上空の雲の動きは目に見えて速く、時折小憎たらしい青空を覗かせてくれました。

■直火


 風が強くてなかなか焼けないので、自分の分のホットサンドは一番最後。炭に直乗せでスバヤク焼いていきます。気がつくと朝食とは呼べないような時間。でもいいのです。二泊三日の中日のすばらしさはここにあり。時間はたっぷりあります。

■桜


 風は強いけど、時折覗かせる青空と桜のコラボが綺麗でした。







■新緑


 そして太陽を透かして輝く新緑も。



>>つづく

■桜と青空
■PENTAX K-1 Mark II / FA43mmF1.9 Limited +C-PL



 由利本荘市のさくらまつりは今日が最終日。

 気持ちよく晴れてくれたので、超久しぶりに持ち出したPLフィルタが威力を発揮。

 ちょっとPL効かせすぎましたね〜。

 それくらい気持ちいい青空でした。

■鳥海山
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 本荘公園の一番上の端にくると、向こうに鳥海山。霞んでいましたがそれでも桜と一緒に撮りたい。

 ということでF16まで絞って撮影し、Lightroomでかすみ除去してこんな感じです。ちなみにセンサーに汚れが付きまくっていて、スポッティングもしています。

■尾崎小学校とカダーレ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 見下ろすとすぐ隣に尾崎小学校、奥に由利本荘市文化交流館カダーレが見えます。

■落椿
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 上の桜も綺麗ですが、下の椿も綺麗でしたよ。

■桜のトンネル
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ふたたび人でごったがえすエリアに戻ってきました。人は多いけどソメイヨシノに囲まれ感があるのはこっちですね。

■上から見下ろす
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 下の道路沿いも見事に満開のソメイヨシノ。

■もっかい魚眼
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 ワンパターンですが魚眼で寄るのはやっぱり楽しい。

■グリーン寄り
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 WBやカスタムイメージを弄って色々撮ってみました。

■ふんわり
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 青空と桜のピンクを強調したこの色合いがやっぱり好きですね。

■濃いめに
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 枝垂れもありました。

■松林と
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 駐車場に戻る途中の一枚。

■正門
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 おもいっきり旬を逃してしまいましたが、2018年の本荘公園さくらまつりの様子でした。

 毎年同じような写真しか撮っていませんが、それでも飽きずに楽しめる桜って不思議です。

 本荘公園さくらまつりの続きです。

 出店があって人混みが凄まじいエリアを後にして、もっと上に登ってきました。敷物を敷いてお花見をするグループがちらほらいるくらいで、人は疎らです。

■ハイコントラスト魚眼
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 魚眼は使い処が難しいけど、ハマルと楽しいですね。

■なぜかインコ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 高さ、直径それぞれ3mくらいありそうな鳥小屋があって、中にはインコがたくさん。こんなのがあったとは知りませんでした。

■花の影
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 とにかく天気がいいので、鳥居に写る花の影も綺麗です。

■鳥居
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 WB太陽光では白すぎて、曇天や日陰だと赤っぽくなるので、色温度5800kをベースに調整したWBを使用しています。この色合いが好き。

■マクロ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノ以外の桜もありました。小さい木でしたが咲き具合は見事です。

 低い木なので今度はマクロにチェンジ。

 風に揺れる花の蘂に、MFで合わせるのはかなり苦労しました。



■低彩度で
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノは逆光で飛ばし気味に。

■鮮やかに
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 青空の水色に濃いピンクの対比が綺麗でした。

■蘂を狙う
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 蘂にMFで合わせるにはOVFではほぼムリですね。LVで拡大表示してやっとぴたりと合わせられました。


 つづきます。

 とっくに北海道まで桜の時期は終わってしまい、気がつけば天気予報で真夏日だの熱中症だのという言葉が聞こえてきています。

 そんな中、いつものように旬を外して本荘公園さくらまつりでの写真を公開です。今更ですが。

 最近は仕事から帰ってくると疲労困憊で、旬のネタを旬のウチにBLOGに出すということが億劫になってしまいました。
 それでもやっぱり趣味で写真を撮っているので、お蔵入りさせておくのは勿体無いですよね。一日に数十アクセスしかありませんが、それでも見に来てくれる方がいらっしゃるワケだし。


■本荘公園
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 前置きが長くなりましたが、本荘公園を遠くから撮影。

 この日は珍しく、土曜日、桜は満開、晴天と好条件が揃った日で、当然周辺の駐車場は大混雑。勿論中も大混雑でした。

■魚眼で桜
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 枝が近い木を見つけて魚眼にチェンジ。魚眼で寄るのは楽しいんですが、周りに写り込むものをどう処理するか難しいですね。

 今回は主砲70-200と、10-17Fisheye、Zeissマクロプラナー50mmというオールレンジ対応装備でやってきました。

■満開
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 望遠ズームは部分的に切り取れるので、こういう人混みの時に役立ちます。

■にぎわい
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 花だけだとつまらんので、出店も入れてにぎわい具合も撮っておく。

■チューリップ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 本荘公園は塀際の花壇に咲くチューリップと桜のコラボが綺麗です。

 ただこの日は花壇の縁の端から端まで人が座っていたので、この構図固定でした。ちょっとでも右に向けると人々の背中が写ります。

■枝先
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 少し風がありましたが、光量タップリでSSを稼げる分撮りやすい日でした。しかし後でマクロプラナーを使った時は苦労しましたが。

■アップで
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 同じ200mmでも、単焦点のDA★200mmF2.8だともっと寄れるし、FFでもケラれないらしいので、実はそっちも気になっていたりします。

■真上
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 この写真では背景との距離の関係かざわついたようなグルグル系のボケになりました。一見するとオールドレンズで撮ったかのよう。

 他でも写りがおかしいようであれば一度メンテに出したほうがいいのかもしれませんね。



 つづきます。

■金浦庁舎にて
■RICOH GR



↑このページのトップヘ