タグ:秋

 年明けからまもなく新型コロナの話題が聞こえてきて、それから気がつけばあっという間に半年以上経ってしまいました。
 今年は気持ちの区切りとなるような季節毎の行事等が無いので、時間の流れの感じ方が変ですよね。

 鳥海山はもう紅葉の時期ですが、蜜を避けて今年は行かないことに。代わりに2年前に撮った写真を蔵出ししてみることに。

■PENTAX K-1 Mark II / FA43mmF1.9 Limited


 鳥海山五合目の鉾立展望台のすぐ近くから、山形県側を撮影。色づいた葉をクローズアップして撮るのもいいけど、こうして色のグラデーションを楽しむのもいいですね。

■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 ちょっと時期が遅くて紅葉も終わりかけのころでした。

■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


 遊佐町側の海と一緒に。

■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


 この日はただ晴れただけじゃなくて、空気がとても澄んでいて遠くまでクッキリ見えていました。

■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 九十九折りになっている道路が走る山肌を、望遠で圧縮効果を利かせて撮ってみる。森・道路・森・道路・森・・・となっているところをギュッと詰めることで、道路がある隙間が気にならなくなります。

 まだこの時はアバルト595に乗っていて、鳥海ブルーラインの九十九折り存分に楽しんで帰路につきました。あれからまだ2年ですが、やっぱり時折あんな血がたぎるような車に乗りたくなることもありますね。

 今年はまだひとけの無いところでなら紅葉を撮るチャンスもありますが、来年はまたメジャーな撮影スポットに行けたらいいなと思います。

■水場


 10月一週目の飛のくずれキャンプ場でのソロつづきです。

 このキャンプ場は海沿いにありますが、サイトは高台にあり、駐車場にトイレと、その間に水場があります。無料キャンプ場なので簡素なものですが、それでも水洗トイレと水道があるだけでもありがたいですね。

■猫


 水を汲みに行ったら足下から気配がする。下を覗くと一匹の猫がじろりとこちらを睨み付けていました。
 人に慣れているようで、ギリギリまで接近しても逃げる様子はありません。ここに住み着いている猫なのかも。

■昼食


 タープ5UL初張りで難儀したこともあって漸く遅めの昼食。カップラーメン買ってきておいて良かった。夜は早めに食べ始めるので、昼はこれくらいで十分です。
 余談ですが僕はカップヌードルではダントツでトムヤムクン味が好き。だいぶ前からですがレギュラー化されたのが嬉しいです。

■昼ビール


 時折雨がぱらつく天候なので基本タープ下に籠もるスタイルです。雨音を聞きながら昼から飲むビールも格別です。


 ラーメンを食べているとまた何やら気配を感じました。

■忍び寄る影


 後を見るとさっきの猫が大接近。猫は好きなんですが、コイツは明らかにスキを見て食べ物を荒らす気マンマンなので甘い顔はできません。ちょっとニラミを利かせておきました。



 目を離しているとやはりジリジリと距離を詰めてきています。狩りの体勢ですね。

 近くで発見した巨大ミミズなどを近くに放り投げて気をそらしたりしてみましたが、なかなか側を離れません。



 こっちに興味が無いふりをしていますが、耳はちゃんとこっち向いてますね。

 このままではトイレも行けないと思い、ギリギリまで迫ってシッシッ!と追い払いましたが、またそのうちやってくるのでしょう。油断できません。


 昼食、ビール、猫との攻防と忙しくしているうちに、海から吹き続けていた風が止み始めました。雨が吹き込まないようなタープの張り方をしていたんですが、ちょっと張り方を変えてみることに。

■張り直し




 タープ5UL付属のガイロープは短いので、スノーピークペンタ用のガイロープセットから丁度良いのを流用してみた。10年以上使って劣化が進んでいたペンタは昨年強風で破れてしまい、ペンタ用に買っておいた予備ロープがそのまま残っていたんですね。車に積んでて良かった。

 シンメトリーでなかなか格好良く張れた気がします。これでまたのんびりできる。

■秋の気配


 雨が止んでいる隙に写真撮影。ずっとタープ下でダラダラしてたら、くいものの写真しかなくなっちゃうからね。

 風にそよぐススキを前景にして今回のサイトを撮ってみました。秋らしい写真に仕上がった気がします。

■西の空


 ちょっと青空も見られました。

■すすき野


 PENTAX K-1MarkII も持ってきていましたが、結局この写真と猫くらいでしか使いませんでした。念のため防塵防滴セットで持ってきたんですが、そもそも雨の中で撮るほどのことって特に無いですからね。

■読書タイム


 ノルマ達成とばかりに一通りの写真を撮ったところで、2本目のビールを開けて読書タイムです。やっぱり外で飲むビールと外での読書はいいですね。

 最近は会社内でもソロキャンプに行くヤツというイメージになってきていて、独りでキャンプ行ってなにするの?なんて話も時々されたりするんですが、そういう時は昼のビールって美味いし、焚き火してダラダラするのが楽しいってくらいに話をするようにしていて、それだと「いいなぁ」「優雅だなぁ」なんて反応が返ってきます。

 ウチの会社も他の多くの会社同様、氷河期世代の僕以下が採用を絞っていて若手が少なく、同世代以上の男性社会となっています。休日となると子供の部活の送り迎えや遠征などで忙しいという人が多く、読書好きという人も知っている範囲には居ません。なので外で読書ってだけで相当に驚かれたり、わざわざ外で何の本を読むのか(上司ですら、薄ーい新書のビジネス本を会社命令で読まされて読んだくらい)なんて話になってくると、僕も好きなジャンルについては嘘を言いたくないのでちゃんと答えたりして、更に面倒になってきたりするんですね。なのでビールと焚き火でダラダラ過ごすくらいに答えるのが一番であることにたどり着きました。

 まぁ趣味なんて人の好き好きだから詳しく答える必要も無いんですけどね。ともかく僕はこんな過ごし方で満足しているのです。楽しいよ。

■撤収
■RICOH GR III



 吹上高原キャンプ場のチェックアウトは13時なので、本来なら昼までいられるノンビリ仕様でとてもありがたいキャンプ場です。
 しかしこの日はちょっとした仕事絡みの用事があったので、残念ながら早めに帰らねばなりません。

 天気がいいので先にタープから撤収。ムスメがペグの回収と掃除をしてくれて助かります。「我こそはペグ魔神だ〜。ペグを片付けるぞ〜。」などと凡そ魔神らしからぬセリフを吐いて手伝ってくれています。

■車載
■RICOH GR III



 アスガルドの撤収は簡単ではありますが、ペグの本数が多くて手間はかかるので写真なしで一気に撤収。

 一気に車載してしまって完了です。レネゲードでは今の装備ではこれが限界ですね。YETIのクーラーと、めちゃくちゃ場所を取るアイリスオーヤマの低反発マットは後部座席に積んであります。今後は装備をもっとコンパクトにもしていきたいですね。

■帰ります
■RICOH GR III



 それじゃいよいよ帰ります。

 しかしこのみごとな天気。出来ればもっとここに居たかった。次は2泊したいですね。

■受付の風景
■RICOH GR III



 チェックアウトでゴミの回収をしてくれるので、その間もう一度受付からの風景をパチリ。

 11月でこれなら夏やGWは尋常じゃない混みようなんでしょうね。次は4月20日からの営業らしいので、GW前の春キャンプで来るのもいいかも。

■C4ピカソ
■RICOH GR III



 連休最終日でしたので、帰る車の列が出来ています。




 帰らねばならぬのですが、帰る前に風呂に入っていくことにします。

■男
■RICOH GR III



 キャンプ場敷地内に温泉併設って素晴らしいですよね。

■脱衣所
■RICOH GR III



 コインロッカーはお金が戻ってこないタイプです。貴重品は車などに仕舞っていくのがいいかと。

■休憩
■RICOH GR III



 風呂から上がったら、コーラなど飲みつつテレビ見て女子勢を待ちます。ディズニーのパーク紹介番組をやってました。しばらくディズニーも行っていないので、キャンプも行きたいけどディズニーにも行きたい。でも休みは少ない。困ったもんです。

■よく冷えたビール
■RICOH GR III



 フロントには魅惑の暖簾が。運転しなくてイイ日は、ここで風呂上がりにビール飲んだら美味いんだろうなぁ。ここはグッとガマンして家路につきます。

■紅葉の道
■RICOH GR III



 この年は紅葉がイマイチ。ちらほら紅葉してはいますが、11月に鬼首あたりでこの程度の色づき。これ以上綺麗に紅葉はせず、このまま雪が降る時期になってしまいますね。

■鬼首の山
■RICOH GR III



 鬼首は山の中にぽっかりと空いた高原の盆地。そんな地形なので、山にぐるりと囲まれた風景が見られます。

■Jeepの車窓から
■RICOH GR III



 車窓から撮る僅かな紅葉。

■トンネル
■RICOH GR III



 レネゲードは足周りがしっかりしていて重心も低めなので、SUVにしてはワインディングをスイスイ走れます。ドライビングも楽しめる嬉しさ。

■青空
■RICOH GR III





 由利本荘市の自宅まで2時間ほど。吹上高原は丁度いい距離感ですね。

 

■冬の銀杏
■RICOH GR



■鳥海ブルーライン
■PENTAX K-1 Mark II / FA43mmF1.9 Limited



 二週間前の鳥海ブルーラインはまだ冬の気配も見えません。けどこの記事を書いている11月11日時点では、もう冬期閉鎖してしまっています。

 山の冬はあっという間に来ますね。

 今ベランダから鳥海山を見ると、上の方はもう真っ白でした。

■コスモス
■RICOH GR







 駐車場のすぐ脇に咲いていた秋桜です。青空に良く映える。

 清々しい一日でした。

■椛
■RICOH GR


 写真整理してたら手つかずだった昨年秋の写真。

■法体の滝と紅葉
■HASSELBLAD 500C/M / CarlZeiss Planar T* C80mmF2.8 / Kodak Professional PORTRA 400



■法体の滝を見下ろす
■HASSELBLAD 500C/M / CarlZeiss Planar T* C80mmF2.8 / Kodak Professional PORTRA 400



白いコンクリート上の椛 RICOH GR


 週間予報はずっと雪だるま。いよいよ冬本番のようです。

 写真は雨の日曜日に撮影したもの。ファミレスの駐車場脇という風情も何も無いロケーションですが、クローズアップしてしまえば良いのです。

↑このページのトップヘ