HappyMaterial

多趣味で移り気がちな管理人anomalocarisの備忘録的ブログです。 写真と一緒にキャンプ、ディスニー、その他日常のアレコレを宣ってます。

キャンプ、ディズニーなど移り気な管理人の備忘録です
コロナ禍によりディズニーネタはおやすみ中

タグ:空

■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW / APS-Cクロップ


 昨日の夕方。真っ青な空に真っ白な月が浮かんでいました。

■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW / トリミング


 明暗差が小さいお陰で月の表面も綺麗に写ってくれました。

■雲の多い夕空


■雲多め宵の空
■RICOH GR III



 GR III を入手して喜んでいたのも束の間、年度末の超繁忙でヘロヘロになり一週間もBLOG更新サボってしまいました。

 普通に土日挟んで新年度。年末年始みたいにちょっと長めの休みがあればいいのに・・・。


 ということで先週のことですが、 GR III とにかほへと出かけました。

■椿
■RICOH GR III



 まずは金浦のラーメン華月へ。駐車場の端で落ちた椿を撮影。天気は雪。春はまた遠のいた感じの日でした。

■塩チャーシューワンタン麺
■RICOH GR III



 酒田の「月」系ワンタン麺の店で唯一秋田県内の店。極薄ひらひらのワンタンがめちゃくちゃウマいのです。

■フェライト子ども科学館
■RICOH GR III



 昼食後は仁賀保のフェライト子ども科学館にやってきました。久々の来館でしたが、最近までリニューアルのために閉館していたそうな。

■宇宙メダカ
■RICOH GR III





 入口入ってすぐ、受付よりも前にこんな展示。水槽の中のメダカにもスパッとピントが合うし、GRではマクロモードでもアヤシイ距離も、GR IIIなら問題無し。


 子どもにデザインさせたネームプレートを3Dプリンタで作るという企画をやっていました。

 他にも色々と楽しんでいる間に、展示物の撮影をGR IIIで楽しむ。

■登頂
■RICOH GR III




■万華鏡
■RICOH GR III





 リニューアルしてから新しいゲームが出来ていました。

 表示された天候で最適な発電方法を選択するゲームです。天井から真下に投影するプロジェクタ映像を、手の影で遮ることで選択します。

■最適発電ゲーム
■RICOH GR III



 風力、水力、太陽光の他、扇風機、蛇口、花火のハズレパネルの6枚が時計回りに流れていくのを、中央に表示される天候を見て最適解を選びます。









 結構な反射神経と判断力を要するゲームです。体の影で変なのを選んでしまうこともあり、慣れも必要ですね。



 勝手なイメージですが、GRと言えばモノクロ。GR IIIになって、イメージコントロールにモノクロモードだけで4つもあります。

■標本
■RICOH GR III / イメージコントロール:モノトーン



 とりあえず普通のモノクロで、蝶の標本をパチリ。

 外に出ると天気が回復。青空が見えていました。

■時計
■RICOH GR III / イメージコントロール:ハードモノトーン



 ここでモードをハードモノトーンにしてみる。

■水飲み場
■RICOH GR III / イメージコントロール:ハードモノトーン


 コントラスト高め、ディテールクッキリで硬質な感じです。金属系に向いているように思います。


 同じくハードモノトーンで撮った風向計と青空ですが、一枚目はRAWで記録されたカラーのイメージをそのまま。

■青空
■RICOH GR III



 ふわっと柔らかい印象の画です。

 そしてJpeg保存されたモノクロイメージを見ると、空が黒く沈んで、ハイコントラストな画になっていました。

■モノクロ青空
■RICOH GR III / イメージコントロール:ハードモノトーン



 イメージコントロールを使うならRAW+Jpegで撮っておくと後で便利です。



 3月も終わりそうな頃ですが、雪が降ったり冬に戻ったような日が続いています。

 仕事の忙しさもあってなかなか写真を撮れていませんが、せっかくの発売日ゲットしたGR IIIなので、もっと積極的に使って行きたいですね。

 まずはそういう気持ちになるように、心の休息を取らなくては。

■RICOH GR


 次の休みにこのサソリ号で舞浜に行くので、ちょっと早いけどディーラーで12ヶ月点検を受けてきました。

 秋田市からの帰り道、ずっと海の向こうに見えていた薄明光線が気になって、途中の駐車帯でちょっと撮影。

 今週末は万全で舞浜に行けそうです。

 10月の田沢湖キャンプで撮影した星空です。夜の田沢湖畔は音もなく、ただめちゃくちゃ寒かった。ヘリノックスと酒を持っていって、長時間露光しつつ飲もうかとも思ったけど、寒くて断念したくらい。

■天の川
■PENTAX K-1 Mark II / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]







 魚眼ズームはF値が暗いので、明るい単焦点魚眼か超広角が欲しくなりますね。IRIXの11mmと15mmはちょっと気になるレンズです。

 とはいえ、PENTAX純正魚眼ズームも古いのに今でも結構良い写りで驚きます。フルサイズでも14mmくらいからケられないで使えるので、なんだかんだで色んなシーンで重宝しますね。


 ここでFA31にチェンジ。所有する広角系ではもっとも明るいレンズです。

■田沢湖星景
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited









 中途半端な長秒露光だったので星の軌跡が短く、五月蠅い感じになってしまいました。じっくり撮ればよかったんですが、寒かったのと焚き火のそばではやく飲みたかったというのが理由の大半を占めております。



 次来るときはもっと防寒装備をしっかりして、ちゃんと星空を撮りたいと心に誓うのでした。

■日没
■PENTAX K-1 Mark II / SMC TAKUMAR 28mmF3.5


 夏は仕事帰りにこんな写真が撮れたんですが、あっという間に日が短くなってしまいました。定時上がりしたとしてももう真っ暗。冬はもうすぐそこです。

 なぜか今さら未着手の夏の写真を見つけてしまいました。

 もうひと月以内に雪が降るであろう季節になってしまいましたが、たったの3ヶ月前にはこんなにも強烈な日差しが降り注ぎ、茹だるような暑さの日々だったというのが信じられない気分になりますね。

■晴天
■RICOH GR




■遊具
■RICOH GR




 センサーにゴミが付いていたGR、まだメンテに出す前だったのでLightroomでスポット修正しています。

■日差し
■RICOH GR




■公園
■RICOH GR




■東屋
■RICOH GR



 GRで空を撮りつつ、手に入れたばかりだった超望遠レンズも試したり、小一時間程読書したりしてノンビリ過ごせた日だった記憶があります。

■隙間
■RICOH GR




■夕空
■RICOH GR




 暑気りゃ冬が恋しくなり、寒気りゃ夏が恋しくなる。

 春になったかと思えばすぐ真夏のように暑くなって、秋が来たと思えばあっという間に暖房のお世話になる。


 昔よりも季節が偏ってきたように感じます。そのうち日本も冬と夏しかなくなっちゃうかもしれません。

■コスモス
■RICOH GR







 駐車場のすぐ脇に咲いていた秋桜です。青空に良く映える。

 清々しい一日でした。

■Twilight
■PENTAX K-1 Mark II / FA43mmF1.9 Limited



 日が沈んで残照で空が深い青に沈んでいく。水面に見えるひとすじの流れのようなものは澪筋なのだろうか。

↑このページのトップヘ