タグ:街

■ホーム
■RICOH GR III



 富山地鉄ホテルの指定駐車場からは、駅の裏口からホーム側に入り、改札の脇を抜けて駅正面に出る必要がありました。レトロな車両がカワイイですね。

■改札
■RICOH GR III



 終点の駅なので、全てがここから始まる感がいい。規模は違えどミラノ中央駅やセントパンクラス駅みたいな雰囲気を醸し出しています。言い過ぎか。



 駅正面から駅ビル二階に上がると富山地鉄ホテルの入口がありました。早速チェックイン。

■バスルーム
■RICOH GR III





 荷物を運んだり色々とやっていたら部屋の写真を撮るのを忘れていました。

 いきなりバスルームの写真です。リーズナブルに泊まれたのですが、流石駅隣接のホテルだけに結構豪華です。アメニティのバブが長距離運転後に嬉しい。普通なら電車旅の客が多いんでしょうけどね。

■駅前
■RICOH GR III



 ホテルから見下ろした駅前ロータリー。コンパクトで綺麗な街です。



 ホテルのベッドで転がりながらこの日の夜行く店を選定していました。駅近辺の居酒屋、料理屋を紹介しているパンフレットを見たり、スマホで調べたりしながらじっくり選定。


■街歩き
■RICOH GR III




 駅から徒歩圏内で家族連れでも抵抗なさそうな店が見つかったので、開店時間に合わせて突入することに。それに昼は早めに食べていたので、既に腹の虫が泣き叫んでいました。
 

■鱒乃寿し
■RICOH GR III




 鱒寿司も富山名物でしたね。駅弁では食べたことあるけど、好みが分かれますよね。僕は好きですが。

■大喜
■RICOH GR III



 道向かいに元祖富山ブラックの大喜がありました。駅ナカにもあるし、本店は富山市ガラス美術館の近くにあったみたいなんですが、富山ブラックは翌日の楽しみに取っておきます。

■すれ違い
■RICOH GR III



 新旧路面電車がすれ違う。バスより時間が狂わなそうなので、コンパクトシティにはいい交通機関ですよね。秋田も大昔はあったみたいなんですが、近くのコンビニですら車を使う県民なのでもはや採算を取るのは無理でしょう。

■大通り
■RICOH GR III



 駅前の大通りをひたすら進む。と言ってもソレほど遠くない所に目的の店はあります。

■新
■RICOH GR III



 この日の店はこちら。和洋旬菜 新 さんです。17時開店ピッタリに合わせてきちゃいました。観光情報のパンフレットとネットの情報を総合的に検討して決めたお店です。富山に来たなら美味しい海鮮が食べたいですもんね。

■アーケード
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 昨年7月の富山旅。まずは総曲輪の立体駐車場に車を止めて街を歩いてみることに。

 ちなみに久しぶりに出動したK-1MkIIですが、しばらく色温度がおかしいまま撮ってました。

■町並み
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR





 真っ直ぐに駅に向かう道は、通り沿いに役所もある通りなのでそんなに風情はない。

 街灯にはためいている富山まつりというのがちょっと気になる。

■公園
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 駅の方へ真っ直ぐ歩くと、富山城に到着。緑豊かな公園が良い感じです。

■富山城
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 お堀に映る逆さ富山城。定番構図ですね。

■路面電車
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR





 富山と言えば路面電車ですね。昔は秋田市にもあったみたいですが、今は路面電車が運用されている街は少数派となってしまいました。
 2両連結されたこの新しい車両は、なんとも未来的な佇まいです。

■富山城址新旧比較図
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 後で詳しく見たい時用にFlickr!に原寸でアップしてます。

■公園風景
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 なんかモダンなオブジェが見えます。

■石垣
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 それよりも興味があるのはこっち。野面積みの石垣です。

■野面積み
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 自然石でこの規模のものを組むというのは、なかなかパズル的で大変だったでしょうね。それでいて丈夫というのがスゴイ。

■コスモス
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 どこにでも生えていてどこでも見られるけど、やっぱりコスモスは好きな花なので撮ってしまいます。

■場内へ
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 富山城内へ向かいます。石垣の所々にでっかい石が入っていて、普通の石垣とは違う感がヒシヒシと伝わってきます。

■烏ニ告グ
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 敷地内に入るとすぐこのような御触書がありました。カラスに告ぐっていうセンスがステキです。言うこと聞くんでしょうかね。

■殉教警防団員之碑
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 場内の一角に一際目立つ記念碑が。舵が多かったんでしょうか。冬の日本海側は風が強いし、暖房使いますからね。気をつけましょう。

■プラタナス
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 とても立派なプラタナスの木。

■トラップ
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 林の中に金網デスマッチみたいなのが設置されていて、なんだろうと近づいてみるとカラスが沢山中に。

 どうやらカラスをここに呼び寄せて、他に行かないようにするトラップのようです。公園を綺麗に維持する為にこのような手段があることを初めて知りました。

■橋
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 県庁の方へ抜ける途中の小さな橋。

 どこにでもあるような公園の一角ではあるんですが、初めて訪れた富山はなんでも目新しい感じがします。

■鷺
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 お堀の中に鷺が一羽。

■遊覧船
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 お堀に遊覧船があるというのも目新しい気がします。

■歩道のオブジェ
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 新しく整備された町並みなのかな。さり気なく歩道脇にオブジェのような場所が。

■並木
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 もうすぐ駅。並木の緑が鮮やかで気持ちいい。

■路地
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 駅近くの路地を見ると、ここはちょっと古いまま。そういうギャップがいいですね。

 この日の夜はどこか居酒屋に行くつもりだったので、ある程度ファミリーでも受け入れてくれそうな店を探しつつ駅へ向かいました。

 雨という文字が好きです。



 雲から降る雨の様子を表す象形文字ですが、

 雨の日に部屋の窓から外を眺めるような、叙情的な気配も感じます。



 雨の匂いや、その音まで聞こえてきそうな佇まい。




 極限まで抽象化した、ミッフィーの世界のような雨の風景が見えてくる、


 ような気がします。

■小雨の仙台
■RICOH GR III




 オープンカー歴合計12年で、キャンプも好きなアウトドア人間みたいに見られますが、実は超が付くインドア人間で、外出できないことは正直あまり苦になりません。


 だからアウトドアでもインドアなことをするのが好きだったりします。

 矛盾してるようだけど。

 テントの中から小雨の降る外を眺めつつ、本を読んで過ごすのもいいね。

 後でテントを乾かすことを考えなければ。



 読書のためだけに、あえて雨のキャンプにいってみたい。

 他の荷物は最小限にして。

■ビルと街路樹
■RICOH GR III



■雲の多い夕空


■RICOH GR



 雨上がりの朝は、いつも通勤路がよりフォトジェニックでした。

■街角の木立
■RICOH GR



■秋田市夕暮れ
■RICOH GR



 期末のちょっと早い打ち上げで飲み会でした。泊まった安ホテルの9階から、暮れゆく秋田市の風景をパチリ。

 先週は3月末並という高い気温と雨が降ったおかげでまったく雪の無くなった秋田。束の間の雪のない時に秋田駅前に行ってきました。

■OPA
■RICOH GR



 フォーラスが閉店して先日新たにオープンした秋田OPAに行ってみました。フロア構成はフォーラスの時に近い感じで、僕が一番心配していたジュンク堂書店も復活してくれました。

 とは言え以前のジュンク堂は2フロアだったのに対し、復活後は1フロアになってしまい、ラインナップも薄い感じになってしまいました。ジュンク堂弘前店の品揃えからするとかなり劣る印象です。

 それでもやっぱりジュンク堂。気になるジャンルを巡って、

 

 これを購入。帯表のコメントが椎名誠氏。帯裏の3名のコメントの中に、



 この著者、ビル・ブライソンの名もありました。

 これは期待できるということで即購入です。





 秋田OPAはフォーラスの時のようなファッション系テナントが殆どでしたが、ジュンク堂の上の階にはナムコが運営する子どもが遊ぶ施設がありました。15分110円。大人も一緒に入ると追加で110円。2時間券や1日券なんてのもあるようです。以前よりも子連れ向けをターゲットにしているようです。






 この日のお昼は、秋田の有名店である末廣ラーメン・・・の姉妹店、すみたにに行く予定だったんですが、すみたにの入口に張り紙があり、当面の間昼営業は休み、夜のみとのことでした。せっかく激辛50倍を食べようと思ったのに。

 そこで挫けず、ならばと末廣ラーメン秋田駅前分店へ向かいました。

 時間は午後1時過ぎ。多少混んでいましたが、回転が速い店なので、ちょっと待ったくらいで入店。

■中華そば
■RICOH GR



 いつもどこの店に行ってもチャーハンがあればチャーハンばかりなムスメも、今回はラーメンを食べるとのこと。ノーマル中華そばです。

■あさり醤油
■RICOH GR



 僕と奥方は食べたことがないメニューを選択。あさり醤油にしました。あさり醤油バターというのもあったんですが、あっさりしたのを食べたかったのでバター無し。

 香りも味もあさりの存在感たっぷりで美味い。たしかにコレにバターが入ったら、あさりのバター炒めみたいなコクがあったのだろうと思います。次はバター有りにしてみたい。

 当然ネギはタップリ入れて、シャキシャキ言いながら完食。当初すみたに目的だったけど、やっぱり末廣は美味くて満足でした。


■秋田駅前
■RICOH GR




 クルマを駐めた駐車場は1kmほど離れたエリアなかいちの駐車場。久しぶりの徒歩なので、GRでパチパチ撮りながら歩きました。

 やっぱりこういう時は片手で即撮れるGRが一番ですね。半端にフィルムが残ったPENTAX MXも持っていきましたが、結局一枚も撮りませんでした。
 次のGRはフルサイズセンサーなんて噂もありますが、ポケットに入るサイズと即座に撮れるレスポンスは亡くさないで欲しいですね。


国分町 RICOH GR



アーケード RICOH GR



街路樹(1) RICOH GR



街路樹(2) RICOH GR



街路樹(3) RICOH GR



クアアイナ RICOH GR



ビル街 RICOH GR



仙台四郎 RICOH GR



横断歩道 RICOH GR



Francfranc RICOH GR



往来 RICOH GR



BUS STOP RICOH GR



ディズニーストア RICOH GR



夜の街路樹 RICOH GR



↑このページのトップヘ