HappyMaterial

多趣味で移り気がちな管理人anomalocarisの備忘録的ブログです。 写真と一緒にキャンプ、ディスニー、その他日常のアレコレを宣ってます。

キャンプ、ディズニーなど移り気な管理人の備忘録です
コロナ禍によりディズニーネタはおやすみ中

タグ:踏切


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 駅近くの踏切につかまった。待ち時間が長いので、写真を撮ってみたり。

ブログネタ
写真 に参加中!

RICOH GR DIGITAL III

 twitterでPENTAXから出るとウワサの撒き餌レンズ“35mmF2.4”の話題に混ざってみたのですが、そこから28mmの話になりました。
 おそらくはキヤノンで言うEF50mmF1.8のような、「初めての単焦点に」ってなものだと思うんだけど、みなさん、もっと広角の方が使いやすいとおっしゃってるんですね。実は僕にとっての135版28mmの画角ってのは、結構難しいと感じる画角なんです。

 135版の21mm以上の広角になると、思いっきり広角らしい表現と、遠くのあまり写したくないものは思いっきり小さく写ることから、意外と画にし易い気がするし、35mmより狭い画角なら切り取る感覚で引き算で作画し易くなると感じる。でも135版28mmの画角って広角の定番と言われるだけに、漫然と撮るとただ広く写ってるだけになってしまって、(自分のレベルで)これは!という写真がなかなか撮れないんだよね。広角って、寄ったり離れたり、しゃがんだり見下ろしたりと、色々工夫しないとなかなか納得のいく構図が見つからなかったりするから、28mmの単焦点ってのは初単焦点っていう初心者にはかなり難しいんじゃないかと思ったワケ。

 で、暫くしてからふと思った。もしかして皆さんは“28mm”というのはAPS-Cで28mmレンズを使った時の画角の事をおっしゃってたのかなと。僕は一眼レフ用の28mm単焦点は持っていないから、GR Digitalで使う135版換算28mmの画角のつもりで「28mmは難しい」とか思ってたんだけど、実は135版換算43mmの画角のことだったのではと。

 確かに135版43mmの画角なら、狭すぎず広すぎず使いやすそうである。FA43Limitedを135版で使った事は無いけども、何となく感覚では分かる。そうか、そうだったのか!

 ということで、多分思うに僕だけずれた基準でモノを語ってたように思います。スミマセンでした(^^;

 写真は135版換算28mmで撮った土深井踏切の風景スナップです。もうちょっと何とかできたような感じがする。28mmは難しい。

にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ
PEXTAX PEOPLEDSLR-PEXTAX-forum

↑このページのトップヘ