HappyMaterial

多趣味で移り気がちな管理人anomalocarisの備忘録的ブログです。 写真と一緒にキャンプ、ディスニー、その他日常のアレコレを宣ってます。

キャンプ、ディズニーなど移り気な管理人の備忘録です
コロナ禍によりディズニーネタはおやすみ中

タグ:雪

■貯蔵庫


 テント横にちょっとした焚き火ブースを作り、火を弄りながらサッと飲めるようにビールを配備。

■ランタン


 フュアーハンドランタンは寒さに影響されることがなくてありがたい。

■日没


 つい先日冬至を越したばかりなので、日が落ちるのが早い。あっという間に暗くなってしまいます。

■焚き火開始


 気温−2℃。ジッとしているとかなり寒いので、至近距離で焚き火の熱を堪能します。

■てんこ盛り


 この後ステーキを焼くので、早めに熾火を作っておこうと前半は盛大に燃やしました。ホームグラウンドの西浜キャンプ場は焚き火禁止なので、久しぶりに豪快に燃やして良い気分。

■炎


 しばらく炎を眺めつつ冷えたビールをいただきます。ヘリノックスだと背中が寒い。

■焚き火会場


 雪が多いと、雪で棚を作ったり、こうやって焚き火用ブースを作ったりと、色々アレンジできて楽しいですね。今回はアスガルドに籠もりましたが、オープンターブの下に雪でテーブルを作ったりしたら楽しそうです。今シーズンは雪が多いので、もう一回くらいはとことん山に来たいですね。

■ビール


 寒いからというのもあるけど、IPAはチビチビ飲むのが良い。寒いけど素晴らしい時間が流れていく。

 12月26日。2020年は30日まで仕事が入っていたので、これがラストチャンスとばかりにキャンプに行ってきました。丁度各地で豪雪のニュースが飛び交っているころで、普段ほとんど雪が降らない沿岸部の由利本荘市もかつてないくらいに降りました。

 そんな中で行くことに決めたのが、湯沢市皆瀬のとことん山キャンプ場です。

 昨年1月に初のソロ冬キャンプをしたのもとことん山。秋田県県南南部なので大雪なのを分かっていての突撃です。

 ちなみに今回はムスメとのふたりキャンプ。ふたりキャンプもかれこれ4回目となりました。

■みなせ牛


 キャンプ場まであと10kmくらいの地点。湯沢市役所皆瀬支所のとなりにある、みなせ牛ミートセンターに立ち寄りました。前々から肉を買いに行きたいと思っていたところです。

 初めての訪問でシステムが分からなかったので、てっきり肉屋みたいな感じかと思ってました。実際は肉の切り分けする作業場に案内されて、冷蔵庫にある肉を見て選ばせてもらい、用途に合わせて切り分けてもらうという流れ。

 とりあえずステーキ用と伝え、部位に関してはおまかせ。見た目の形がいいサーロインもありましたが、形にこだわらずでお願いしたところ、希少部位ミスジが登場。縦10cm横15cmくらいのラグビーボール型の2cmくらいの厚さの肉が3枚。
 切ってもらってから幾らするのかとハラハラして会計に臨みましたが、合計6千円弱!ブランド和牛の2cm厚のミスジが一枚あたり2千円弱と、超お得価格でした。

■到着




 みなせ牛ミートセンターから10分程でキャンプ場に到着。

 昨年は記録的な雪の無い冬だったので、管理棟前どころかキャンプサイトのすぐヨコの駐車場まで車で行けたのですが、今回は管理棟の下にある駐車場まで。大雪のとことん山は初めてだったので、正直予想外でした。せめて管理棟の高さまでは行けると思っていたんですが・・・

■管理棟


 管理棟で受け付けを済ませて、ソリを借りていざ荷物運びです。

 下の駐車場から管理棟の高さまで登る坂ははかなりの急角度で、圧雪と氷で滑りやすいところを大量の荷物を積んだソリを引いて登る。これは正直かなりの苦行でした。

■雪景色










 昨年はほとんど木に雪なんか着いていなかっただけに、こんな景色は久しぶりに見た気がしました。

■ソリ


 ソリはこんな積載量。これでも登るのが辛くて減らしたくらいです。しかし荷物の量はこれを3往復は必要な感じ。設営までは長い闘いになりそうです。

■キャンプサイト


 管理棟の高さからもう一つ坂を登って、やっとキャンプサイトまでやってきました。

 キャンプサイトは全て身長とおなじくらいの雪が積もっていて、普通に足を踏み入れることはできない状態。バンガローと温泉に行くための通路は除雪機で道が作られており、その道沿いに各々が除雪してテントを建てているようでした。

 重いソリを引きながら、どこか空いているスペースは無いかと温泉のある奥まで進んでみましたが、道沿いは満室。サイトの奥に行きたくても、他の方のサイトを通過しないといけない状況でした。
 仕方なく戻って、ゲレンデ側のトイレがある方に行ってみることに。正直リサーチ不足が否めません。せめて明るいうちに設営は終えたいところです。

 あけましておめでとうございます。

■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 2020年は大変な年でしたが、引き続き2021年もコロナに気をつけながら過ごすことになるでしょう。

 初詣や初売りなどに行くのも控え、4日からは仕事なので特に正月らしい写真はナシでしょう。掲載した写真は12月末に雪中キャンプしたとことん山での風景です。

 新型コロナの脅威に晒されている以上、今年も引き続きソロキャンプ三昧になりそうです。ただ過去のディズニー写真も未掲載が沢山あるので、ディスニーネタも再開させたいなとも思っています。ブログ更新頻度はかなり落ちましたが、細々と続けていきますので、よろしくお願いいたします。

■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR


 ふだんはあまり雪が多くない本荘で、今年初の雪がドカ雪でした。

 月曜日朝の会社の除雪が大変で、水曜日なのにもう体が辛いです。今週も残り2日、なんとか乗り切ろう。

■交差点にて車窓から
■PENTAX K-1 Mark II / SMC TAKUMAR 28mmF3.5



 12月上旬なのにこんなに冬が本気モードでくるなんて。

 暖冬と言われている時はだいたい雪が多いと経験則はあるにしても、秋田市や由利本荘市でも圧雪路になるくらい降るのは珍しいかも。

 悟空的に言えば、オラわくわくしてきたぞというところ。


RICOH GR

 朝、車の上には雪がどっさり。

 まさかスノーブラシをまた使うとは思っていませんでした。

 早く春が来ないかな。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 小坂鉱山事務所。いいデザインですね。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 今日は家でノンビリするつもりでした。天気も曇っていたけどそんなに悪くもないので、アパートの庭で雪遊びすることになりました。

 昼前に雪だるまと、かまくらの原型を作り、それから昼食なんですが、



 ついでに外で食べることに。

 休日の昼の定番、やきそばを雪の中でいただきます。



 かまくらづくりなどで一汗かいたら、僕としてはコレが欲しくなるのは必然。

 風もなく、気温もプラスで温かかったので、ヒエヒエのビールを飲みつつ読書タイム。



 その後は雪を使ってバニラアイスを作ったり、雪でイスを作ってみたり。

 しかし午後3時くらいになってくるとやっぱり少し冷えてきます。その辺で家に入りましたが、なかなか雪を楽しめた一日でした。


by PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 駅近くの踏切につかまった。待ち時間が長いので、写真を撮ってみたり。

↑このページのトップヘ