HappyMaterial

多趣味で移り気がちな管理人anomalocarisの備忘録的ブログです。 写真と一緒にキャンプ、ディスニー、その他日常のアレコレを宣ってます。

キャンプ、ディズニーなど移り気な管理人の備忘録です
コロナ禍によりディズニーネタはおやすみ中

タグ:FUJIFILM


HASSELBLAD 500C/M / CarlZeiss Planar T* C80mmF2.8 / FUJIFILM PRO400H

 これを撮った記憶が殆どないのですが・・・でも撮ったような気もするし・・・。

 現像に出すのをしばらく忘れていたりするとこうなります。適度なタイミングで出さないとね。


HASSELBLAD 500C/M / CarlZeiss Planar T* C80mmF2.8 / FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS

 久しぶりにハッセルでの写真です。ハッセルで撮るのはやっぱり楽しいですね。

 あのファインダー、一連の操作、シャッターとミラーアップの音、チャージするまで暗転したままのファインダー、全部揃ってハッセルで撮ることの楽しさになっています。

 こんどは夏のうちにリバーサルを使ってみようかな。



 金浦の白瀬南極記念館前の通りで、ちょっと草臥れたペンギンのオブジェをパチリ。


HASSELBLAD 500C/M / CarlZeiss Planar T* C80mmF2.8 / FUJIFILM PRO400H

 よく晴れた春の小岩井で撮った木蓮です。良い色合いになってくれて嬉しい一枚。







 ちょっと今日は気になることがありました。


 お客様先での作業中、強烈な光で目がくらんだような残像が見える、ということに突然気がつきました。

 電話工事作業だったので、最初は明るい所に出て目が眩んだかと思っていたのですが、どうも様子がおかしい。というのも、文字を読むために焦点を合わせると、見ようとしている所に虹色の帯みたいなものが見えて、見たい部分がちゃんと見えないんです。しかも目を瞑ってもそれが見えるので、これはどうも目の問題ではなさそうです。

 悪銭苦闘しているうちに、だんだん視界の周囲が滲んできていることにも気がつきました。目が回っているような感覚になり、気持ち悪くなってきました。

 で、仕事を中断して近くの病院へ。

 「今日は眼科はお休みです」というお言葉をいただき、車に戻り、症状についてネットで調べてみました。するとまさにこれじゃん!という症状がすぐ見つかりました。



 「閃輝暗点」というもので間違いなさそうです。



 ひとつ心配なのが、この後に偏頭痛が来るようなんですが、じわじわとした頭痛はあったものの、偏頭痛で聞くような強烈な痛みがなかったこと。閃輝暗点が出ている時に、首の後ろのツボをもんでいたことが良かったのならいいんですが、最悪脳の方の心配もあるということで、近々医者に行ってみることにしました。とは言え、今週中はどう足掻いても休める状態ではないので、取りあえず酒は飲まないようにして様子見ですね。


 この所、自分がいないと進まない仕事が、ダブルどころかトリプルブッキング状態で、それもいつ対応する必要があるかどうかも不明だったり、逆にこの日までに絶対に完了させる必要がある仕事だったり、それも普段の業務の修理対応なんかもしながらでした。
 そいういう強いストレス状態が続いた上に、ずっと風邪が治りきらずに鼻づまり地獄だったりと、とにかくストレスまみれだったので、希望的観測では、それが閃輝暗点の原因ではないかと思ってはいます。


 とにもかくにも、体は大事にしないとですね。


FUJIFILM X-E1 / Leitz DR Summicron-M 50mmF2

 


FUJIFILM X-E1 / Leitz DR Summicron-M 50mmF2

 最近行ってない洋食屋さん。通りがかりにパチリ。

DSCF0471

DSCF0472

DSCF0474FUJIFILM X-E1 / CarlZeiss Biogon T* 2/35ZM


Rollei35 / CarlZeiss Tessar 3.5/40 / FUJIFILM NEOPAN 1600 Super PRESTO


Rollei35 / CarlZeiss Tessar 3.5/40 / FUJIFILM NEOPAN 1600 Super PRESTO


Rollei35 / CarlZeiss Tessar 3.5/40 / FUJIFILM NEOPAN 1600 Super PRESTO


Rollei35 / CarlZeiss Tessar 3.5/40 / FUJIFILM NEOPAN 1600 Super PRESTO

↑このページのトップヘ