HappyMaterial

多趣味で移り気がちな管理人anomalocarisの備忘録的ブログです。 写真と一緒にキャンプ、ディスニー、その他日常のアレコレを宣ってます。

キャンプ、ディズニーなど移り気な管理人の備忘録です
コロナ禍によりディズニーネタはおやすみ中

タグ:Makro-Planar

 あけましておめでとうございます。

■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 2020年は大変な年でしたが、引き続き2021年もコロナに気をつけながら過ごすことになるでしょう。

 初詣や初売りなどに行くのも控え、4日からは仕事なので特に正月らしい写真はナシでしょう。掲載した写真は12月末に雪中キャンプしたとことん山での風景です。

 新型コロナの脅威に晒されている以上、今年も引き続きソロキャンプ三昧になりそうです。ただ過去のディズニー写真も未掲載が沢山あるので、ディスニーネタも再開させたいなとも思っています。ブログ更新頻度はかなり落ちましたが、細々と続けていきますので、よろしくお願いいたします。

 PENTAX K-1をアップグレードサービスに出す前に撮った写真。

 夏の住宅街と言えばノウゼンカズラですよ。

■ノウゼンカズラ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 夏休みっぽいイメージと、その背後に夏の終わりを感じさせる雰囲気が好きな花です。

■川沿いの道
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 家を出て5分。ここから川沿いの道を10分、その後30分歩いて会社に着くのですが、通勤路の前半はフォトジェニックなので写真を撮りつつ歩くことが多いです。

 けど朝から一眼レフ握ったオッサンとすれ違う高校生達の目線が、気にならないと言ったら嘘になります(^^;

■川沿いの花
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK





 そして帰りの写真。夏なら丁度夕焼けの時間帯です。

 10月になってしまうと、仕事が終わった時点で外は真っ暗ですが。

■夕焼け
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




■道路沿いのカサブランカ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 交差点の電柱沿いにでっかいカサブランカが咲いていました。

 近くの住民が植えているのでしょうかね。


■帰宅時間
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




■夕暮れの川
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK








 朝通った川沿いの道は、帰りは赤く染まった風景を楽しめます。

■法体の滝
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK / 手持ちRRS




 法体園地キャンプ場に行って、ちょっと早めですがなべっこをやってきました。

 カメラが K-1 Mark II となって先週手元に帰って来たばかりなので、色々撮りたいと思いロケーションを考えて法体にしたのですが、手持ちRRSを試す絶好の被写体だったように思います。

 効果としては本来のRRSよりも弱めですが、動体の部分が変になるのも少なくなった気がします。

 あとウワサ通り処理時間がもの凄く長いですね。一枚取ったらしばらくモヤモヤします。

 しかしそんな些細な弱点なんかどうでもいいくらい素晴らしいカメラです。撮ってて楽しいということがなにより大事。撮影そのものが楽しめるカメラですね。

■パンダ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 こんな写真を載せたら勘違いされそうですね。これは去年の写真です。

■去年の桜
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 でも東京ではもう早咲きの桜が咲いてるんですよね。こっちはまだまだ雪やら凍結やらで大変です。

■滑り台
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 東京ももっと雪降ればいいのになんて邪悪なことを考えたりしましたが、そうなったら物流的に仕事もプライベートも困るので撤回。なんだか悔しい(^^;


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 今まで暖冬というと雪が少ないとかあまり道が凍らないとかでしたが、今年みたいに真冬なのに雨が降るというのは、これが正に暖冬というやつではないかと思うのです。

 雪のついていない枝や、枝に残った枯葉も冬らしくないなぁって思わせてくれます。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 やっと待機から明けて、実家に行ってた奥方とムスメも夕方には帰ってくる日。

 一日だけ自分独りで自由にできる日ということで、思いつきでしたが竜飛岬に行ってきました。

 流石にお盆休みなので竜泊ラインは他県ナンバーのノンビリペースカーに着いて走ってましたが、半分くらいは自分のペースで走れる幸運もやってきたりして。

 ということで今日の走行距離は300km程度ではありますが、さそり号の操縦を楽しめた日となりました。

 問題は、S2000やBEATの時のような完璧なシンクロ感までは至れなかったこと。もっと楽しくしっかりつきあっていかないとね。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 能代火力発電所にあるエナジアムパーク熱帯植物園での一枚。

 このアングルは自分がいる位置よりも水面に近いところにカメラを下ろしての撮影。K-1のフレキシブルモニタが役に立ってくれました。K-1のこの機能のお陰でライブビュー使用頻度が格段に上がったと思います。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 でっかいヤマアリを見つけて、マクロプラナーで接写。

 久しぶりにマクロレンズっぽい使い方をしたな。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 金曜の夜は体力の限界。ラフロイグで軽く酔ったら、もう寝ます。

 じわりと沼の淵に足を捉えられているなと、自分でもまあまあ気づいてはいたんですが、やっぱりその通りでした。






 本日、唐突に紹介するのは ATOMIC FLOYD SuperDarts Titanium+Remote です。


 イヤホンはそんなに詳しくないし、聞き比べて評価できるような耳「審美耳」ももっていませんが、デザインでもうこれは欲しい!!!!!と以前から惹きつけられていたモノでした。

 元々の赤いケーブルが目を引く SuperDarts からデザインで惹かれていましたが、ちょっと赤はハデだなと思っていたのです、そこに出てきたチタンモデルはこのシックなデザイン。これはもう・・・

 SONY XBA-H3 を愛用していましたが、でかくて装着もやや面倒なこともあり、家はともかく、一番使う出張の時なんかでは持って行きづらいと感じていました。




 それでは開封です。



 BUILT FOR LIFE とか SPECTACULAR SOUND とか自信に溢れていますね。

 梱包は高級感はありますが、透明ケースにはめ込まれたのがきつくて、外すときに断線したらどうしようとハラハラしながら外しました。その辺は雑な感じはしますね。



 やはりデザインは秀逸です。この小ささでBA+ダイナミックのハイブリッド型で、この音質ってのはすごいです。低音高音はハデに盛ってるので好みは分かれるでしょうが、僕は好きな音ですね。

 個人的にリモコンは要らないので、リモコン無しモデルがあればベストだったんですが、現状はこれがベターな選択ということで。

 将来的にはリモコン無しのリケーブル可能なモデルが出て欲しいな。だって断線したら悲しいじゃないですか。


by PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

↑このページのトップヘ